忍者ブログ
Berry Berry Strawberry
ゆっくりまったり運営中。。。
カレンダー
09 2018/10 11
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
あみ (01/13)
ゆみこ (11/15)
Yuri (09/10)
tomily (09/09)
masato honma (07/07)
madoka (03/21)
Yuri (02/26)
maya (02/21)
Yuri (02/17)
Yuri (02/17)
今日のつぶやき
2011年。とりあえずがんばって生きています。
プロフィール
Name:
Yuri
Occupation:
Social Worker
Hobbies:
カポエイラ、ヨガ、ベリーダンス
ブログ内検索
[117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

は〜。ちょっと感激なことが続いたWeekendでした。

土曜日は、Agencyのgraduationだったんです。
全部で8つプログラムがあって、全部のプログラムが勢揃い。
大学の講堂を借りての卒業式でした。


なんか。。。高校のような盛り上がりでした。
プログラム同士で対抗しあうし(笑)


写真もとったのでコンピューターに取り込んだらのせようかしらね。


卒業生代表がスピーチをしたんだけど、彼女のスピーチに感激してほろりってきちゃった。
本当に底から這い上がったっていうSuccess Storyだった。ドラッグ中毒で、何度もODになって、最後に気を失って病院に運ばれたときに、これ以上同じことやっていたら死ぬといわれて、ようやくリハブのプログラムに行こうっていう気になったらしい。自発的に来たとはいえ、やっぱり厳しい道のりだった訳で。それでも這い上がって、今ではフルタイムで仕事をしつつ、パートタイムで大学院にまでいっている。

忙しい仕事の毎日のなかで、自分の役割に疑問感じたり、プログラム自体に疑問感じたりするけど。こうやって変わっていく人がやっぱりいるんだ!って思うと、この仕事は意味がある!って思えた。ドラマドラマでストレスたまる毎日だけど、がんばるぞっていう気持ちをもらったわ。

そして今日、
クライエントが半泣きになりながらオフィスに来た。
普段涙を見せないクライエントだからちょっとびっくり。
週末家にかえってハプニングがあったらしい。

まだ21歳の男の子。
若い彼がin-patientのドラッグプログラムにいるってやっぱり大変なんだよなって思う。

Relationshipもその1つ。
でもそのことで悩んでる彼がいったことばに感激。
なんでも周りの若いクライエントたちから彼女がいない彼にプレッシャーがあるらしく。それでも今は彼女はいらないと言う彼。

「自分のことをまず好きにならないと。。他の誰かのことを好きになるなんてできない。今は、がんばって自分を受け入れようとしてるところ。」

なんか彼の言葉がおもいっきり心にきたわ〜〜。


この仕事してると
自分の精神状態がヘルシーじゃないと、クライエントとセッションするのがかなりきついんだけど、
こうやってクライエントの言葉に助けられるときもあるんだよね。

さ〜明日はグループがある。
準備してねよ〜〜〜っと、

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
私も同じ様に思う‥自分を好きになれないと人を好きになれない。自分を好きになれれば、変わることも沢山あると思う。きっと見えてくる世界も変わるし、周りから見た自分も変わる。自分が変われば周りも変わる。悪循環の逆は何て言うのだろう?
ゆう 2006/10/16(Mon)11:27:39 編集
好循環??笑
ゆうさん!お久しぶり〜。
自分を好きになるのってなんか実はとっても難しいんだな〜と思います。(^^;)なんか嫌な所ば〜っかり見えちゃって。自己嫌悪に陥るのは簡単なのにな。。。

それでも彼のこの言葉にはやっぱりうなずける部分があって。自分のこと大事にするのはとっても大切なことですよね。今、ちょっとづつだけど、そのプロセスを始めたところ。

「自分が変われば周りも変わる」って本当にそうだと思う。案外、このつら〜〜〜い状況にしてるのって自分自身だったりするんですよね。

今は自分探しの時期みたい。
Yuri 2006/10/19(Thu)08:17:13 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ[PR]